JTBパブリッシング発行「るるぶ山陰2012」に玉造温泉に関するイラストレーションを描かせていただきました。

今回訪れたのは、島根県松江市にある玉造温泉。

取材で初めて行って驚いたのは、玉造温泉のその泉質です。無色透明なお湯がまるで化粧水のように肌をしっとりさせます。
観光協会の方が調査したところ、実際に化粧水のような効果があることがわかったそうです。

奈良時代に発見されたという玉造温泉は、「出雲風土記」にこう記されています。

『ひとたび濯げば形容端正しく
再び俗すれば病悉に除こる。
験を得ずといふことなし。
故、俗人、「神湯」と日うなり。』

訳すと、

『一度入れば、肌美しく、
二度入れば、病も治る。
効果が得られなかったと言う人はいない。
人々は神湯とよんでいます。』

このように1300百年前から美肌効果がうたわれている温泉、もちろんしっかり入らせていただきました!
なめらかな湯ざわりにいくらでも浸かっていたくなります。
湯上り後は、確かに化粧水をつけなくても心なしかしっとりしている気がする…!

この温泉水を使用した化粧品も開発されていますよ。
温泉水をそのままパッケージした「玉造キラキラみすと」をお土産にいただいたのですが、取材から帰っても玉造温泉の効果を体感できて、これはおすすめです!

いい温泉だったな〜また行きたい!